松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

他人が読んで面白い文章を書くのは難しい。そこで実名を出すことが生きてくる。

他人が読んで面白い文章を書けるか?というのはブロガーにとって永遠の命題である。
しかしながら、他人が読んで面白い文章を書くのは簡単ではない。
少なくとも自分は、この点についてははじめから諦めている。
プロの作家やプロブロガーですら苦労していることを自分ができるわけがない。
ではどうすればいいのか?
その一つの解が、知り合いや友人に見ていただくことである。
つまらない文章でも、書いている人が知り合いであれば、「お、読んでみようかな」ということに少しはなりうる。
そうしたときに、当然ではあるものの、誰が書いているのか、が明快であることが求められる。
このブログも本名を出していることによって、随分と知り合いや友人のみなさまに見ていただいていることであろう。
逆にいえば、本名を出していなかった場合には、このブログを読んでくださる方もおそらくかなり減るであろう。
非常にありがたい。

一番キツいのは、名刺交換した際に「ブログときどき見てます」と言っていただけるときである。
いや、こっそり見ていただくより言っていただいた方がありがたいのだが、そっと穴に入りたくなる。というか入りたい。
自己顕示欲が強いと思われたらイヤだな、といった(それこそ)自意識過剰な気持ちもある。
実名を出すことのデメリットも、やはりそれなりにあるかもしれない。