松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

ある質問をそのまま受けてしまって、素朴に返してしまうという問題

自戒を込めて、ときどき感じている問題がこれである。
誰か、たとえば学生や教員から質問を受けた時に、それをそのまま受け取り、素朴に返すことがある。
このやり方は、しばしば間違うことがある。
なぜなら、質問者が「本当に知りたいこと」を確実に、正しく質問できているとは限らないからである。
すなわち、Aという質問をしていても、本当に聞きたいことはBかもしれないし、Cかもしれないし、A´かもしれない。
質問者が「本当に知りたいこと」は一体何なのか、これをまず捕捉しなければならない。
質問者の「本当に知りたいこと」はダイレクトな言葉からはわからないことがあり、背景を掘り下げることがしばしば求められる。
個人的には、これができることこそがコミュニケーション能力であると考えている。

たしかに、確認するのは面倒である。
質問がよくわからないときに、自分が何をわかっていないのかを確認し、祖語がどこにあるのかを丁寧に確認するのはかなりめんどくさい。
このため、わかっていないけど、とりあえずわかっていないまままま答えようとすることになる。
これが、質問に対して素朴に返してしまうという状態である。
しかしながら、これをサボった場合、信頼関係の構築が難しくなる。
コミュニケーションとは、相手の言っていることを正しく捕捉すること。
そして、こちらの言っていることを正確に伝えること。
これができれば、互いにコミュニケーションのコストを下げることができ、ストレスが減少する。
コミュニケーション不全に陥っているときは、いずれかがコミュニケーションのコストを一方的に負担させているケースでなかろうかと考える。