松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

自分のメディアを持つことの価値

ブログをはじめて1年になろうかというタイミングで、自分のメディアを持つことの価値というものを感じ始めています。

「自分のメディアを持つことの価値」をとても大切にしていたのが、中田英寿です。
彼はまだインターネットがそれほど発達していない時代に、自身のウェブサイトを立ちあげ、その中で自分のメッセージを発信していました。
学生の頃は、一流の選手が直接発信するメッセージというのがまだそんなになくて、熱心に読んでいた時期もありました。
彼がなぜそういうことを始めたのか、その理由は基本的にマスコミとの関係性にあるでしょう。
マスコミを通した自分の姿ではなく、自分の姿を直接ファンに知ってもらいたい、さまざまなトラブルから、そういうことを考えるようになったのだろうと思います。
全然レベルは違ったとしても、これは一般の職業人にもあてはまるのではないか、ということをここ最近思っています。
仮にですが、職場の内外で十分コミュニケーションをとったことがある、という方、その人数はどれくらいでしょうか。
大してしゃべったこともなく、飲み会でご一緒したこともないのに、人の噂をそのまま丸のみして、「あの人はこういう人だ」と思いこんではいないでしょうか。
じゅうぶんなコミュニケーションをとれる範囲、というのは、普通にやれば実は限られます。
でもブログのような個人メディアは違います。
ここで自分の思っていること、考えていること、その一端を見せることで、「あの人はこういう人だと思っていたが、実はこうなのではないか」と感じてもらうことができます。

「文は人なり」というくらいで、文章というのはなかなか人間をごまかせません。
自分もずいぶん品性のない文章を書いてしまうな、という反省をもっているところですが、そういった自分もまた自分である、という感じで開き直ってこれからも続けたいと思います。。