松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

仕事におけるルーティーン

ラグビー日本代表の五郎丸選手のキック前のルーティーンが面白いと話題になっていますが、わりと多くの人が仕事上のルーティーン的なものをお持ちなのではないでしょうか。
レベルは全く下ですけど、自分の場合は、「重要な仕事の直前には歯磨きをする」というルーティーンをもっています。
重要な仕事というのは、たとえば人の前で話す仕事、課程認定における文科省との事前相談等、基本的に失敗が許されず、かつできるだけレベルの高いものを提示しなければならない局面を指します。
そういった局面の直前、30分前くらいにトイレで歯を磨いています。
このことによってスイッチを入れるイメージです。

プロスポーツのような高いレベルでは、多くの選手がルーティーンをもっています。
イチロー選手なんかもルーティーンの多い選手として有名ですよね。
打席に入るときの動作は特に有名な話ですが、ピッチに入るにあたってのステップの最初を右足にするのか左足にするのか、前回の打席で打てていたらそのまま、打てていなかったら逆足にする、といったこだわりをお持ちのようです。
サッカーの中村俊輔選手も、フリーキックを蹴るときにadidasマークを矢印に見立てて、蹴る報告を示すようにボールを置いたりしているようです。
このレベルになってくると、行為が細かく決まっていて、寸分変わらず毎回同じなのでしょう。

もしかしたらそんな風に、レベルが高くなればなるほど、ゾーンに入るためのルーティーンのような、精神世界がモノをいうようになってくるのかもしれません。
みなさんはどのようなルーティーンをお持ちでしょうか?