松宮慎治の憂鬱

タイトルは友人が考えたもので,某アニメのことはわかりません。

重松清著『空より高く』(中公文庫)を読了

標記の本を読了しました。
廃校が決まった東玉川高校、通称トンタマの最後の卒業生の半年間を描いた作品です。
入学した時から「終わり」ばかり見続けてきた生徒が、何かの「はじまり」を手掛けようとする、という私的な作品でした。
あとがきにありますが、本作品はデビュー作の『ビフォア・ラン』と対になっているそうです。
たしかに、重松さんの作品で小学生や中学生、大人が取り上げられることがあっても、高校生は少ないですからね。

ビフォア・ラン (幻冬舎文庫)

ビフォア・ラン (幻冬舎文庫)

空より高く (中公文庫 し 39-3)

空より高く (中公文庫 し 39-3)