松宮慎治の憂鬱

タイトルは友人が考えたもので,某アニメのことはわかりません。

「よし、失敗してやろう」

twitter.com

うまくやろうとか考えてしまうから行動が鈍る。成功するためではなく「よし、失敗してやろう。傷ついてやろう」と思って突撃すれば、意外と清々しい結果になることが多い。大切なのは「うまくやること」なんかよりも「俺はやった」という自分自身に対する絶対的な手応えだと思いました。

これは口で言うのは簡単ですが、実行するのは困難です。
しばらくはこれをテーマにしていこうと思います。