松宮慎治の憂鬱

タイトルは友人が考えたもので,某アニメのことはわかりません。

「マナーモード」という死語

先日バスに乗っているときに、「車内では携帯電話の電源を切っていただくか、マナーモードにして…」
という放送が流れてきました。
マナーモードというのは、もう死語なのではないでしょうか。
もっというと、携帯電話も死語なのでは?
ガラケーのときは、明確に「マナーモード」というボタンがありました。
しかし、今はどうでしょう。iPhoneを少し見てみましたが、それらしい名称は見当たりません。
また、携帯電話とスマホはきっと違います。前者は電話であり、後者はパソコンです。
こうした用語に敏感になっておいて、「知らぬ間に時代が変わっていた」ということのないようにしよう、と思いました。

同じようなことを、中原淳先生もおっしゃっていました。
NAKAHARA-LAB.NET 東京大学 中原淳研究室 - 大人の学びを科学する: リモコンのボタンに感じる「変化」!?
テレビのリモコンに、「巻き戻し」というボタンはもうない。だって巻き戻すということをもうしていないから、、というお話でした。