松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

加納学先生「自分が理解できているかどうか確認するには,そして完璧に理解するには,自分で解説を書いたり,人に教えたりするのが有効」

加納学先生が、論語を引用して以下のようなツイートをされていました。

まったくそのとおりだな、と賛同します。
facebookで、教育職員免許法についてわからないことを質問しあうグループに入っていたり、大学教務実践研究会でサイボウズlive上で質問しあうことがあるのですが、誰かが質問したらできるだけ早く自分なりに回答するようにしています。
また、現在業務では、業務の遂行と並行してマニュアルを整備しています。
それもこれも、全て自分のためです。
そうやって誰かに伝える、あとの人に残す、教える、そういった行為で一番特をするのは、それをやっている本人なんですよ。
だから、面倒がらずもっとみんなそういうことをやればいいのに、と思います。
時に間違うこともあるし、たくさん考えたり、調べたりしなければいけませんが、力をつけるのにショートカットする方法はありません。
地道に努力するしかないし、一見遠回りのようでいて、地道に努力するのが力をつけるのに一番早いといつも思います。
マニュアルの作成なんてのは、やる気になれば誰でもできますので、みんなで作りあってブラッシュアップしあう、結果として各々が能力を高めていく、そういう手段として利用すればいいと思います。
でもまあ、ショートカットをしたいとか、できれば楽をしたいとか、そういうことを優先してしまうとそれは無理ですが。