松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

読了した文献(26)

◆清水睦美・内田 良(2009)「研究レビュー 質的研究の10年―『教育社会学研究』を中心に―」『教育社会学研究』第48集,pp.103-121.
◆山田浩之(2010)「信頼と不信―錯綜する教師へのまなざし」『教育社会学研究』第86集,pp.59-74.
◆株式会社内田洋行教育総合研究所(2015)『総合大学における教員養成のあり方に関する調査研究 報告書』(文部科学省委託事業先導的大学改革推進委託事業
◆中井浩一(2007)「第5章 国大協と文科省」『大学入試の戦後史―受験地獄から全入時代へ』(中央公論新社),pp.152-178.
◆北居明・鈴木竜太(2007)「組織文化と組織コミットメントの関係に関する実証研究:クロスレベル分析を通じて」『組織科学』Vol.41,No.2,pp.106 -116.
◆安西 祐一郎(2012)「主体的に学ぶ」『IDE現代の高等教育』第543号,pp.5-10.
◆佐々木 雄太(2012)「主体的な学びの回復のために」『IDE現代の高等教育』第543号,pp.11-16.
◆金子元久(2012)「自律的学習への道」『IDE現代の高等教育』第543号,pp.16-22.
◆舘 昭(2012)「「研究」を組み込んでこそ大学での学び」『IDE現代の高等教育』第543号,pp.23-29.
◆吉田 文(2012)「カリキュラムの体系化は可能か」『IDE現代の高等教育』第543号,pp.30-36.
◆猪口 孝(2012)「現代学生の学習」『IDE現代の高等教育』第543号,pp.37-40.
◆小笠原 正明(2012)「主体的学びのパラドックス」『IDE現代の高等教育』第543号,pp.41-45.
◆居神 浩(2012)「学生の多様化に対応した学修支援」『IDE現代の高等教育』第543号,pp.45-49.
◆島田博司(2012)「主体的な学びを仕掛ける授業づくり」『IDE現代の高等教育』第543号,pp.49-53.
松本美奈(2012)「学生は学習している」『IDE現代の高等教育』第543号,pp.53-56.
◆山田礼子(2012)「継続調査からみえてくる学生の現状」『IDE現代の高等教育』第543号,pp.57-64.
◆小方直幸(2012)「大学教員の授業への構え」『IDE現代の高等教育』第543号,pp.64-70.