松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

【再掲。しかし心境の変化もある】なぜブログを(しかも実名で)始めようと思ったのか?

最近たまに聞かれるのですが、この件については以下の記事で説明しました。shinnji28.hatenablog.com
ここで書いているのは大体次のようなことです。

Greenhorn Networkの10周年記念イベントで、どんどんチャレンジしろと言った。
同じ登壇者に、有名な大学職員ブロガーがいた。そして、参加者にブログ執筆を勧めていた。
そうはいっても、実際にブログを書き始める人は少ないだろう。大学業界は閉鎖的だし、身バレも怖い。
ということで、チャレンジしろと言った手前もあり、まず自分が始めることにした。
また、匿名だと先行者に勝てないので、実名でやることにした。実名だからこそ、つまらない内容でも見てもらえる。
ただし、自分を商品として切り売りしている怖さはある。

まあ、大体こういうことをつらつらと書いてます。
実際、こういうふつうできないようなチャレンジをすることによって、強く差別化される部分はあると思いますし、そのことによって「自分もやってみようかな」と匿名で始めてみる人もいるみたいだし、そういうのは嬉しいことです。
「あいつがやっているなら、自分もやれるだろう」と思ってもらえるようにする、というのは自分なりの行動指針の一つです。
そのためには、自分が最大級のチャレンジをしておかないといけません。
たとえば、匿名でのブログ執筆というのは、実名でやっている人がいるという事実があると、それなりにやりやすくなる可能性があるわけです。「実名はさすがに無理だけど、まあ、匿名なら…」という論理ですね。

しかしながら、最近思うことがあります。
「チャレンジのハードルを下げるためです」とか、「広くこの仕事を知ってもらうためです」とか言うとえらいそれはかっこつけすぎなんちゃうかと。

「やりたかったから」

これだけでいいんちゃうかと。別に理由はない、ただやりたかった。
直観的に、やろうかなと思った。理由はないけど、なんとなく。
え?なんですか?やりたいことやるのに何か理由いりますか?逆に聞きますけど?というくらいのスタンスの方が自分には自然体やなと、最近では思うようになりました。
前述したような「チャレンジのハードルが下がる」「広くこの仕事が知ってもらえる」というのは結果に過ぎないわけで。
それは自分の行動とはわけて評価しないとあかんのちゃうかと。
やりたいからやってる、それだけです。その結果に対する評価は市場におまかせ。
最近ではそう思うようになりました。