松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

読了した文献(17)

◆Clark Kerr(1998)「第4章 ユニバーサル・アクセス型高等教育における能力主義(訳:出相泰裕)」喜多村和之監訳『アメリカ高等教育の歴史と未来―21世紀への展望』(玉川大学出版部),pp.64-82.
◆Clark Kerr(1998)「第5章 21世紀の高等教育収斂モデル―ユニバーサル・アクセスと能力主義の増大(訳:森利枝)」喜多村和之監訳『アメリカ高等教育の歴史と未来―21世紀への展望』(玉川大学出版部),pp.88-104.
◆羽田貴史(2009)「序章 質保証に関する状況と課題」羽田貴史・米澤彰純・杉本和弘編著『高等教育質保証の国際比較』(東信堂),pp.3-20.
◆羽田貴史(2009)「第1章 日本における高等教育の質保証の歴史と課題」羽田貴史・米澤彰純・杉本和弘編著『高等教育質保証の国際比較』(東信堂),pp.21-57.
◆羽田貴史・田中正弘・小貫有紀子(2009)「第2章 日本における評価制度の現実」羽田貴史・米澤彰純・杉本和弘編著『高等教育質保証の国際比較』(東信堂),pp.59-100.
◆黄 福涛(2009)「第3章 中国における高等教育の質保証―「本科教学評估」による質保証を中心に」羽田貴史・米澤彰純・杉本和弘編著『高等教育質保証の国際比較』(東信堂),pp.101-114.
◆福留東土(2009)「第10章 米国におけるアクレディテーションのアウトカム評価」羽田貴史・米澤彰純・杉本和弘編著『高等教育質保証の国際比較』(東信堂),pp.239-264.
◆羽田貴史(2009)「終章 質保証の現状と課題―まとめに代えて」羽田貴史・米澤彰純・杉本和弘編著『高等教育質保証の国際比較』(東信堂),pp.293-298.
◆Abe, Y & Watanabe, S.P. (2012) ‟Some Thoughts on Implementing U.S. Physics Doctoral Education in Japanese Universities’’, Asia Pacific Education Review 13(3), pp.403-415.
◆南島和久(2013)「4 NPM・行財政改革と大学評価―評価社会における大学と組織」広田照幸・吉田 文・小林傳司・上山隆大・濱中敦子編『組織としての大学―役割や機能をどうみるか』(岩波書店),pp.107-143.