松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

読了した文献(15)

◆盛満弥生(2011)「学校における貧困の表れとその不可視化―生活保護世帯出身生徒の学校生活を事例に―」『教育社会学研究』Vol.88,pp.273-294.
◆Knight,W.E.,Moore,M.E.,and Coperthwaite,C.A.(1997)“INSTITUTIONAL RESEARCH:Knowledge,Skills,and Perceptions of Effectiveness”Research in Higher Education,vol.38,no.4,pp.419-433.
◆関隆宏(2015)「オレゴン大学IRオフィス訪問記」『大学評価とIR』第2号,pp.3-8.
◆大野賢一・森藤郁美・細井由彦(2015)「法人評価業務における鳥取大学の取組」『大学評価とIR』第2号,pp.9-16.
◆藤原宏司(2015)「政策立案・計画策定における米国IR室の役割」『大学評価とIR』第2号,pp.17-25.
◆嶌田敏行・大野賢一・末次 剛健志・藤原宏司(2015)「IRオフィスを運用する際の留意点に関する考察」『大学評価とIR』第2号,pp.27-36.
◆白川俊之(2011)「現代高校生の教育期待とジェンダー: 高校タイプと教育段階の相互作用を中心に」『教育社会学研究』第89集,pp.49-69.
◆荒牧草平(2003)「現代都市高校におけるカリキュラム・トラッキング」『教育社会学研究』第73集,pp.25-42.
◆有海拓巳(2011)「地方/中央都市部の進学校生徒の学習・進学意欲: 学習環境と達成動機の質的差異に着目して」『教育社会学研究』第88集,pp.185-205.
◆朴澤泰男(2012)「大学進学率の地域格差の再検討──男子の大学教育投資の都道府県別便益に着目して──」『教育社会学研究』第91集,pp.51-71.
◆吉原恵子(1998)「異なる競争を生み出す入試システム-高校から大学への接続に見るジェンダー分化-」『教育社会学研究』第62集,pp.43-67.
◆中西祐子(1993)「ジェンダー・トラックー性役割観に基づく進路分化メカニズムに関する考察-」『教育社会学研究』第53集,pp.131-154.