松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

読了した文献(14)

◆山口意友(2012)「第1章 教職の意義」『教職概論』(玉川大学出版部),pp.10-36.
◆佐久間裕之(2012)「第2章 教員の職務」『教職概論』(玉川大学出版部),pp.38-58.
◆佐久間裕之(2012)「第3章 教員の資質能力」『教職概論』(玉川大学出版部),pp.60-84.
◆山口意友(2012)「第4章 教員養成」『教職概論』(玉川大学出版部),pp.86-106.
◆山口圭介(2012)「第5章 教員資格と教員の採用」『教職概論』(玉川大学出版部),pp.108-130.
◆福本みちよ(2012)「第6章 教員の研修と評価」『教職概論』(玉川大学出版部),pp.132-152.
◆福本みちよ(2012)「第7章 教員と学校経営」『教職概論』(玉川大学出版部),pp.154-171.
◆Terenzini,P.T.(1993)“On the Nature of Institutional Research and the Knowledge and Skills It Requires”Research in Higher Education,vol.34,no.1,Springer,Netherlands,pp.1-10.
清水潔(2007)「専門職大学院の課題」『IDE現代の高等教育』第493号,pp.4-9.
◆後藤昭(2007)「法科大学院の現在」『IDE現代の高等教育』第493号,pp.10-15.
◆川出敏裕(2007)「法科大学院と法学部」『IDE現代の高等教育』第493号,pp.15-19.
◆磯部力(2007)「法科大学院と認証評価」『IDE現代の高等教育』第493号,pp.20-23.
◆縣公一郎(2007)「公共政策大学院の現状と展望」『IDE現代の高等教育』第493号,pp.23-31.
◆青井倫一(2007)「日本におけるビジネススクール―発展の戦略課題」『IDE現代の高等教育』第493号,pp.31-36.
◆大平雄二(2007)「MOT系の大学院」『IDE現代の高等教育』第493号,pp.36-42.
◆高田敏文(2007)「会計大学院について」『IDE現代の高等教育』第493号,pp.42-47.
◆藤田幸男(2007)「会計大学院の第三者評価」『IDE現代の高等教育』第493号,pp.47-50.
◆梶田叡一(2007)「教職大学院の創設と教員の力量向上」『IDE現代の高等教育』第493号,pp.51-55.
◆金澤一郎(2007)「メディカルスクールの模索」『IDE現代の高等教育』第493号,pp.55-60.
◆吉田文(2007)「「新規参入型」専門職大学院の現実」『IDE現代の高等教育』第493号,pp.60-64.
佐藤光次郎(2007)「専門職大学院の現状」『IDE現代の高等教育』第493号,pp.65-68.