松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

大組織における個人のリスク回避志向がもたらす結果としての横暴

こういうことは、大学でも起こっていると思います。
なんでなのかなあ、、とずっと思っていましたが、大石さんの「リスク回避志向」という理由づけには納得できます。
自分に最終的な責任があるのだという気概に欠ける場合、「だってしょうがないじゃないか」で片づけられてしまいがちなんですよね。それは上司が決めることだとか、組織の考え方によるから仕方ないとか、要するに自分以外のせいにしようとしている。
たしかに、裁量とか組織内の権限とか、そういうものは色々と背景にあるにせよ、それでも最後の責任は自分が負うという当事者意識、これがやっぱり大事だなあと感じました。
「えっ」て思うようなことが遂行されようとしているとき。
ごく一般的に考えておかしいと思われることがそのまま進もうとしているとき。
そういうときは、たいてい担当者が自分以外の誰かのせいにしている。
自戒として改めて確認しました。