松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

ブログの記事を改編して論文にしたら二重投稿になるのだろうか?

ブログの記事を改編して論文にしたら二重投稿になるのだろうか?というふとした疑問です。おそらく、投稿する冊子によるでしょうが、後ろ指を指されるようなことを避けるためには、「二重投稿になりうる」と考えておいた方がよいでしょうね。

そうなってくると、論文として発表(あるいは学会で発表)できそうなものについては、なかなか記事としてアップしづらくなりますね。

たとえば、インストラクショナル・デザインを教職課程の履修ガイダンスに適用すると、学生の満足度はどうなるのか、ということの検討もブログでやってみたかったのですが、どこかで発表することを想定すると、ブログへの投稿は避けた方が無難ですよね。

もちろん、ブログの投稿記事なんて、ものすごくラフなものなわけですが、論文にした際に、「文体はともかく、内容が似通ってるじゃないか!」と言われたら終わりですし。

うーん、、なんだかイケてない、、なんとか両立できないものでしょうか。

論文になる前の途中経過を、ラフな感じでブログにアップする、ということをしたいんですよね……。