松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

読了した文献(1)

週1くらいで1週間読んだものを記録していこうかなあと思いまして……。

 

◆山本眞一(2008)「これからの大学職員」『IDE 現代の高等教育』第499号,pp.11-15.

◆伊藤彰浩(2010)「高等教育研究としてのSD論―特集の趣旨をめぐって」『高等教育研究』第13集,pp.101-112.

◆寺﨑昌男(2010)「大学職員の能力開発(SD)への試論―プログラム化・カリキュラム編成の前提のために」『高等教育研究』第13集,pp.7-21.

◆羽田貴史(2010)「高等教育研究と大学職員論の課題」『高等教育研究』第13集,pp.23-42

◆福留(宮村)留理子(2004)「大学職員の役割と能力形成―私立大学職員調査を手がかりとして―」『高等教育研究』第7集,pp.157-176.

◆大場淳(2005)「大学職員(SD)に関する研究の展開」『大学論集』第26集,pp.269-296.

◆大場淳(2009)「第1章大学職員の専門職化の国際的動向」『大学職員の開発―専門職化をめぐって―』(高等教育研究叢書105),pp.1-12.

◆大場淳(2011)「大学のガバナンス改革―組織文化とリーダーシップを巡って―」『名古屋高等教育研究』第11号,pp.253-272.