読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

教職課程の学生同士の学び合いに向けた試み(7)まとめ―結局、大学職員として何をしているのか?―

教職課程の学生同士の学び合いに向けた試み(1)問題意識 - 松宮慎治の憂鬱

教職課程の学生同士の学び合いに向けた試み(2)問題意識② - 松宮慎治の憂鬱

教職課程の学生同士の学び合いに向けた試み(3)目的 - 松宮慎治の憂鬱

教職課程の学生同士の学び合いに向けた試み(4)方法 - 松宮慎治の憂鬱

教職課程の学生同士の学び合いに向けた試み(5)方法② - 松宮慎治の憂鬱

教職課程の学生同士の学び合いに向けた試み(6)途中経過 - 松宮慎治の憂鬱

他大学の職員の方に向けて書き始めたこの記事も、今回でラストにしようと思います。結局のところ、自分は大学職員としていったい何をしているのか、ということを考えてみました。前提として、この取組みは、思いを同じくする教職課程の先生の助け(たくさんの現役の教員を呼んでいただきました)と、同僚の理解(基本的にやりたいようにやらせてくれます)があって成り立つものです。以下はあくまでもその上で、の話です。

結局のところ私が何をしてるのかといえば、3つだけです。①学生を煽ること②活動の現場に時々一緒にいること③中長期計画の中に施策として取り入れていること、この3つのみです。たったこの3つだけで、学生は自ら色々なことをやり始めます。これが、教職課程の履修学生が元々真面目で熱心だから言えることなのか、学生は一般的にそうなのか、という判断は難しいところです。以前の部署で、同様に学生を巻き込んだ取組みをしたときは、うまくいきませんでした。しかし、あれは自分のやり方が下手くそだったと振り返って思います。24,5の時にできなかったことが、27,8になってようやくできるようになってきたのかもしれません。

 

①学生を煽ること

「煽る」というと表現がよくないかもしれないですが、要するにけしかける、エンパワメントするということです。これには3つほど、自分なりの方法を確立しています。まず、「こういうことをやってみないか?」とけしかけること、それから「ぼくはこういうことをやってみたいのだが、一緒にやらないか」と自分を主語にして誘うこと、最後に、学生がやりたいと言ってきたことに対し、一切否定的なことを言わず、頑張って「うん」と言うこと。

こういう所作で過ごしていると、学生たちは勝手に動き始めてくれました。特に3つめ、頑張って「うん」と言うことが一番大事かもしれません。要するに、アラが見えててもそのことをドヤ顔で指摘したりせず、「とてもいいことだ。どんどんやったらいい」と伝えるということです。学生の表現することを全てそのまま受け止めて、かつ上手に承認するというのは、口で言うほど簡単ではないということを実感しています。

②活動の現場に時々いること

ミーティングや勉強会の場に、時々顔を出しています。何かを発言したり、提案したりすることは基本的にありません。写真を撮ってホームページに活動の報告をアップする程度です。時々、「こういうことやってみない?」と言うことはあるのですが、最近では学生たちは自ら頑張ってくれますので、そんなに何かを促すこともありません。

しかし、それでも、いるのといないのとでは違うだろうと考えています。別に何をするわけでもなく、ただそこにいるというだけでも、信頼関係を築く上では重要なはずだと個人的には思っています。まあ、私はそう思っていますが、それに対する評価は学生に委ねられるとは思います。

③中長期計画の中に施策として取り入れていること

教職課程の施策として14~5個ほどを、中長期計画に示しています。そのうちの一つとして、この教職課程の学生同士の学び合いというのも位置づけています。したがって、教員組織も職員組織も了解の上で事業としてやっていると。少なくとも形式上はそうなっているという状態にしています。このことによって、予算の要求がしやすくなる等、必要なことを必要な時に実行できる状態を整えています。

施策の一つとして位置付けると、毎年の評価や、PDCAのそれぞれについて記載する必要が出てきます。そのことを面倒がらず、大切なことと考えて、愚直にやっています。

 

この取組みのまとめとしては、こんなところでしょうか。あくまでも途中経過なので、今後どうなるかはわかりません。私自身が、学生に期待をして、一番楽しみにしています。