読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松宮慎治の憂鬱

'04京都橘高校卒→'08大阪教育大学卒、私立大学に職員として奉職→'17広島大学大学院教育学研究科博士課程前期高等教育開発専攻修了,そのまま後期課程在学中。とあるきっかけ(http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2015/01/10/050000)があって、実名でブログを始めることにしました。特に憂鬱なことはないのですが、大学職員仲間がタイトルを考えてくれたので、そのまま使います。

【2018年3月までトップに掲載】教職関連,特に再課程認定申請関連のお問合せがある方はこちらへ → sanjyuumatu@gmail.com

何かございましたら,いつでもお問合せください。 shinnji28.hatenablog.com2016.12.4

【ご案内】2017年度全私教協定期総会・研究大会の申し込み開始について

標記の件について,既に申し込みが開始されています。 私は2日目の第6分科会「教員免許法改正に伴う再課程認定の申請手続きについて」(企画:研究委員会・教職課程運営部会)の司会を務めます。 多くの方にご挨拶できますことを,楽しみにお待ちしておりま…

【ご案内】神戸学院大学における教員免許状更新講習の受講申し込み開始について

標記の件について,勤務先にて本日より申し込みを開始しております。多くの先生方のお申込みをお待ち申し上げます。 今年度より,神戸市最大の総合大学としての社会的責任を果たすために,開設講習数と募集人数(≒受入人数)を過去最大にするとともに, 2キ…

【資料提供】大学行政管理学会 大学改革研究会 2016年度第8回ワークショップ「ともに学ぶ!実務者のための教員免許状更新講習」

shinnji28.hatenablog.com こちらのワークショップについて,自身の報告内容をアップします。 別途配付資料がご入用でしたら,個別にご用命ください。 お忙しい時期に参加いただいたみなさま,場を与えてくださったJUAM大学改革研究会の関係者のみなさま,会…

【リマインド】教員免許状更新講習のワークショップ@名古屋の申し込みについて

今週の金曜日までになっています。 ご参加をお待ちしております。shinnji28.hatenablog.com

【ご案内】2016年度第8回ワークショップ開催のご案内(3/11@名城大学名古屋ドーム前キャンパス)について

以下のワークショップを開催します。もしよろしければ,お越しください。 なお自分は,今回主催となっている研究会を脱会しています。 shinnji28.hatenablog.comにもかかわらず,このように場を提供いただいたことに感謝します。 【ご案内】2016年度第8回ワ…

お詫び→平成27年度の教職課程認定申請事務担当者説明会の記事について

以下の記事にかなりのアクセスをいただいています。 また,こちらの記事を平成28年度のものだということで読んでくださる方もいらっしゃるようです。 ということに,問い合わせを受けていて気づきました。 shinnji28.hatenablog.com こちらは平成27年度のも…

平成28年度教職課程認定申請に関する事務担当者説明会について

こちらのブログが詳しいので、ご高覧ください。 「平成28年度教職課程認定申請に関する事務担当者説明会」に参加してきました。 - 大学職員の書き散らかしBLOG 手引きの変更点も、別記事で記載いただいています。 細かすぎて伝わらない「教職課程認定申請の…

【ゆる募】日本経済大学の教職員の方を,どなたかご紹介いただけませんか

標記の件について,日本経済大学の方に教職課程認定申請のことであつかましくもお伺いしたいことがあります。 もし,たまたまこのブログを見てくださっている関係者の方,もしくは教職員の方をご紹介くださる方がおいででしたら,sanjyuumatsu@gmail.com ま…

『教職課程認定申請の手引き』の主な変更点―「平成29年度開設用」から「平成30年度開設用へ」

既に学内外に公開したものの転載で恐縮です。 なお,この一部については他大学の方に添削いただいています。 重要そうな変更を赤字にしました。 表紙 ・色がサーモンピンクからスカイブルーに変更 目次 ・「変更届等の提出要領及び提出書類の様式」の「(1…

教員養成関連三法が成立

以下のとおり,教員養成関連三法が成立しています。 年初の『馳プラン』どおりで進むことになりました。 www.nikkei.com 教育委員会が独自に行っている教員研修を、文部科学相が新たに定める指針を参考に実施することを柱とする改正教育公務員特例法など、教…

週末の全私教協研究交流集会には行きます

今週末、九州女子大学、九州共立大学に会場をお借りして行われる全私教協の研究交流集会には伺います。 委員を拝命している教職課程運営部会が開催されるので、そちらと併せて出席ということになります。 来られる方いらっしゃいましたら、またご挨拶させて…

教員免許状更新講習の大学にとっての利用可能性

先日来,教員免許状の更新講習の大学にとっての利用可能性について考えていた。 ①FD/SDとしての利用可能性 講師となる大学教員にとっては,相手が現役の教師であるから,普段の学生を対象にした講義等とは当然色々と違ってくる。 総じて意欲的であり,分散は…

サルでもわかる改正免許法案等のポイントと今後の検討課題

既に学内等には報告したところですが,せっかくなのでこちらでもまとめておきます。 あくまで私見なので,丸々盲信いただくと困るなのですが,「まあ,こんなもんじゃないですかね」という程度でとらえてもらえれば幸いです。 いつも思うことですが,こうい…

改正免許法関連のいくつかの情報を確認してみた

・「教育公務員特例法等の一部を改正する法律案」の閣議決定 http://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/2016/kakugi-2016101801.html・法案の衆参両院での受理 http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1DC1B7E.htm・今後のスケジュール…

閣議決定ってなんすか

閣議決定なるものの意味がわからず,勉強不足を痛感している。 法的拘束力はないものの,閣僚の全会一致なので事実上省庁は行動を統制される,って感じですかね? もしここで突然選挙して,政権与党が交代すれば,閣議決定されたことも反故になりうるみたい…

【速報】教育職員免許法等の改正について

標記の件について、本日閣議決定がなされ、改正されることがほぼ決まりました。 具体的には、「教育公務員特例法等の一部を改正する法律案」が閣議決定されたということです。 http://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/2016/kakugi-2016101801.html 免許法では、…

ブログ記事を修正しました―再課程認定申請のスケジュールの誤りに関するお詫び―

以下のブログ記事を修正しました。 shinnji28.hatenablog.com 理由は,再課程認定申請のスケジュールが間違っていたからです。 正誤は,次のとおりです。 誤:課程認定大学は2017年度に再課程認定申請書を提出,審査を受け,2018年度から新課程がスタートす…

中原淳監修,脇本健弘・町支大祐著『教師の学びを科学する―データから見える若手の育成と熟達のモデル』(北大路書房)を読了

こちらもそうなのだが,結構前に読了した。 こちらは,東大の中原先生とそのお弟子さんのグループが,横浜市教育委員会と一緒に実施した包括的な実証研究である。 研究を,必ず実践の場に戻す,そして実践からまた課題を受けて,研究するということに対する…

教員の養採研一体改革関連法案 10月中旬提出の意向

先日,標記のタイトルのニュースを見ました。 出所は,ウェブ版の『教育新聞』です。内容は以下のとおり。赤字は松宮が入れました。 自民党の文科部会が9月29日に開かれた。教員の養成・採用・研修の一体的な制度改革を実行する関連法案の概要説明が行われた…

【ご案内】全私教協の研究交流集会について(11/5土)

11月5日に,全私教協の研究交流集会が九州共立大学さんで開催されます。 加盟校には既に連絡が行ったことと思います。 私も部会の委員会があるので参加します。 お越しになる方は,その際ご挨拶させてください。 www.zenshikyo.org

成人学習におけるマタイ効果ーー学ぶ者はますます学び、学ばない者はますます学ばなくなるーー

8月上旬に勤務先で教員免許状更新講習が実施された。 この件については既に何度かまとめた通りである。 「教員免許状更新講習ってなに?」のver.2をアップしました。 - 松宮慎治の憂鬱 神戸学院大学における教員免許状更新講習の全日程が終了しました。 - 松…

教員免許状更新講習期間の日々のようすについて

情報量が少なくて恐縮なのですが,教職教育センターのホームページで,必ず1日1記事はアップしておりました。 学生が教員免許状更新講習の準備を手伝いました http://www.kobegakuin.ac.jp/facility/tec/news/headline_detail.cgi?kanriid=201607076教員免…

神戸学院大学における教員免許状更新講習の全日程が終了しました。

ご参加いただいた先生方,ありがとうございました。 なお,本学ホームページにトップに,終了日17:00ジャストに,以下のような御礼メッセージを掲げさせていただきました。 【御礼】教員免許状更新講習にご参加いただきました先生方へ 両キャンパスで今週の…

「教員免許状更新講習ってなに?」のver.2をアップしました。

昨年度「ボランティア」で実施したものを「アルバイト」に変更したので,バージョンアップしました。 また,制度設計の変更についても反映しています。 教員免許状更新講習ってなに?Ver.2 from Shinnji Matsumiya www.slideshare.netなお,以下の記録は昨年…

再課程認定申請の相談のります。

「再課程認定申請」 「再課程認定 平成○○年」 などのキーワードで検索される方がかなりいらっしゃるようなので, 再度タイトルを変えて投稿させていただきました。 何かございましたら,いつでもご連絡ください~。 shinnji28.hatenablog.com

教職課程認定申請の相談のります

ちょくちょくご連絡いただくのですが,教職課程認定申請関連のご相談があれば,いつでもブログトップの連絡先までご連絡ください。 貴学まで訪問する必要性等が生じれば,うちの職場への依頼文等をいただくかもしれませんが,そうでなければメールやお電話で…

2016年度,神戸学院大学の教員免許状更新講習では,過去最高のべ1,400人超の先生方をお迎えします

残念ながらもう申し込みは締め切ってしまったが,今年度の勤務先の教員免許状更新講習では,のべ1,400人の先生方をお迎えする。 この数字は,2009年の制度開始以来法人として過去最高の数字である。 これまでの最高は2011年ののべ1,200人あまりであり,それ…

大学行政管理学会第20回定期総会・研究集会で研究報告を行います。「教師の資質能力への評価に関する現状と課題」

初めて休もうかと画策していましたが,若手研究奨励の報告をしては?というオファーを研究・研修委員会からいただき,ご支援に対する恩返しとして報告を行うことにしました。 今日から申し込みが可能になるはずです。もしよろしければお越しください。 教師…

『阪神教協リポート』No.39(2016.4.1)に,拙稿「教職課程認定にかかわる実務と課題」を掲載いただきました

『阪神教協リポート』No.39(2016.4.1)に,拙稿「教職課程認定にかかわる実務と課題」を掲載いただきました。 お世話になっている方に抜き刷りをお送りする,ということを初めてしました。 途中から,お送りする相手のお名前は,自分の名前より上に書くべき…

阪神地区私立大学教職課程研究連絡協議会の教職課程事務検討委員会の委員を拝命しています

全私教協の教職課程運営部会の委員(阪神地区選出)を拝命したことは既に報告しました。 shinnji28.hatenablog.com ほぼ同時に,阪神教協の教職課程事務検討委員会の委員も拝命しています。 これは,有志のボランティアで運営されてきた教員免許事務セミナー…

(お願い)「養成段階に求める小学校教師の資質能力等に関する調査」について【7/7までトップに掲載】

標記の調査票を本日発送させていただきました。 お忙しいところ大変恐縮ですが,ご協力いただければありがたく存じます。 お問合せ等ございましたら,以下のメールアドレスまでいつでもご連絡ください。2016年6月7日 広島大学高等教育研究開発センター 大場…

職員の仕事は厳格化する課程認定に対応することではない

全私教協の研究大会でもう1つ印象に残ったことがあります。 厳密な表現を忘れてしまいましたが,1日目のシンポジウムで,森田真樹先生(立命館大学)が標記のようなことを仰っていたと思います。 もう少しマイルドなお言葉でしたが,「この中には職員の方…

制度改正のスケジュール感について―目的養成はSTAY,開放制はGO—

昨日掲載した分科会の記録で,私が次のような質問をしています。 ■質問②制度改正のスケジュールについて(松宮) ・制度改正を見据えた見通しについて,「カリキュラム改正」を念頭に置いた場合のことをお伺いしたい ・担当者の本音としては,制度改正より前…

「第6分科会:課程認定に係る近年の動向と留意事項等について」の記録@全私教協第36回研究大会

記録を置いておきます。 あくまでもメモですので,内容の全責任は私にあります。 記載することそのものに問題がありましたら,関係者の方ご連絡ください。 ブログのトップに,私のメールアドレスがありますので。 重要そうなところには,赤字をひきました。 …

全私教協の研究大会@京都に参加していました

お声がけいただいたみなさま,ありがとうございました。 もう少しゆっくりお話ししたかった方もたくさんいました。 実家に帰れなかったのが残念ですが,5月の京都は気持ちよくて,特に1日目の懇親会終了後,19:00頃の薄暮のみやこメッセ付近は最高でした。 …

教員採用試験で大切なのは倍率を気にすることではなく,母集団を推定することである

多くの学生は自分の受検する自治体の倍率をかなり気にしている。 以前はそんなこと気にしても意味ないと思っていたが,それはあまりに傲慢であった。 気になる気持ちもわかるし,たぶん大切なのは気にする方法だろう。 教員採用試験に合格したことのない人間…

公開情報を利用した私立大学教職課程のベンチマーキング

教職課程においては、教育職員免許法施行規則の改正によって、各種情報の公表が義務づけられることとなった。http://shinnji28.hatenablog.com/entry/2014/11/01/120048この「情報の公表」を利用して、勤務先の教職課程のベンチマーキングを行えないかどうか…

ぶじ,第1回他流試合(合同模擬授業交流会)vs.摂南大学を開催できました。

以前からやりたかった標記の会について,摂南大学の教職課程のみなさま,学生のみなさまのおかげでぶじ開催できました。 http://www.kobegakuin.ac.jp/facility/tec/news/headline_detail.cgi?kanriid=201601053私がこの仕事を受け持つようになったのが2012…

なぜ,合格実績に学生の個人名を掲載しているのか?

一昨日,合格実績を報告しました。 shinnji28.hatenablog.com ここに,私は合格した学生(あるいは大学院進学した学生)の,個人名を掲載しています。 たまになぜこんなことをしているのか,と聞かれるので,この場でお答えしておこうと思います。 法律で義…

【終戦】今年度の教員採用試験の合格実績について

今年度の実績について,以下のとおりアップしました。https://www.kobegakuin.ac.jp/facility/tec/result/現役の合格者数,当該年度プラス前年度の合格者数とも,いずれも過去最高になりました。 が,「2桁現役合格させる」という大口を叩いていたので,非…

教職課程認定事務担当者説明会@昭和女子大学

人見記念講堂というところで開催されました。 初めて伺いましたが、いいところでした。知らなかったけど、音響設備が有名なホールみたいです。 内容については、また明日…

【御礼/スライド公開】教職課程認定にかかわる実務と課題-阪神地区私立大学教職課程研究連絡協議会2015年度第3回課題研究会―

shinnji28.hatenablog.com 標記の会での報告が先ほど終わりました。 たくさんの方にお越しいただき,感謝申し上げます。 スライドを以下に公開します。 ご意見,ご感想等お待ちしております。 → sanjyuumatsu@gmail.com 教職課程認定にかかわる実務と課題 fr…

『教職課程認定申請の手引き』の変更点―「​平成28年度開設用」から「平成29年度開​設用」へ―

担当のみなさまのお手もとには,既に届いていようかと思うこの冊子。 以前バージョンの変更点を記事にしました。 shinnji28.hatenablog.com一定の需要があるようなので,今年も記事にしたいと思います。 色がクリームイエローからサーモンピンクに変わりまし…

【注意喚起】「教職支援センター」等といった教職課程の全学統括組織に所属する専任教員は、「教職に関する科目」の専任教員としてはカウントできない

shinnji28.hatenablog.com 以前、中教審答申の素案の解説記事を書きましたが、特に気にかかるのは以下の箇所です。 ③統括組織の設置 ・全学的に教職課程を統括する組織の設置を努力義務化する ・統括組織が担当者にFDを実施するなどして、教職課程の科目であ…

教務の教職担当者だが学生の応募書類の添削をしばしばしている

通常の学生であればキャリアセンターの領分になるのかもしれないが、学生の教員採用試験の応募書類の添削をするようにしている。 もちろん、学生が希望すればの話ではあるが、「それは先生に見てもらってくれ」とか「キャリアセンターに見てもらってくれ」等…

卒業や免許状の取得がかかっているときの、「これでよいか確認してくれませんか?」の相談には極力丁寧にのるようにしている

ここ2週間ほど、履修登録の時節柄、卒業or免許状取得のかかった4年次生の履修相談に多くのった。 そうしたとき、中には「これでよいか確認してくれませんか?」という感じでやってくる学生さんもいる。 相談に来た学生の履修が間違っていることはほぼありえ…

教師の資質能力に対する認識のズレーアクターとしての大学と教育委員会に着目した実証分析―

さきほど終了した大学行政管理学会の若手研究奨励の中間報告について、以下のとおりスライドをアップします。 企画いただいた研究・研修委員会のみなさま、お越しくださったみなさま、貴重なコメントをくださったみなさま、ありがとうございました。 教師の…

今津孝次郎著『教師が育つ条件』(岩波新書)を読了

標記の本を読了しました。 以前読了した書籍化された博士論文について、実際に働いている先生方の声を取り入れ、かつやや一般向けに出版したもの、と理解しました。 教師の質(もしくは資質、資質能力)等の向上といったときに、多くの場合その質とはなんな…

今津孝次郎著『変動社会の教師教育』(名古屋大学出版会)を読了(5)教員養成の課題

続きですが、このくらいで最後にしたいと思います。 自分の仕事に最も関係のある「教員養成の課題」についてです。 今津先生は、この問題について4つの観点を提示されました。 すなわち、 (1)同僚教員間連携 (2)実践研究者としての教師 (3)やわらかい…